先日友人が家に遊びに来てくれました。
ちょうど、子供が怪我をして外に出れない状態だったので自宅に招いたのでした。

その友人が手土産に持ってきてくれたのが、北海道名物と言われている『いももち』だそうです。

いももちは友人が雑誌を見て作ってみようと思い、手作りしてくれたものでした。

どうやら最近話題の物なのだそうですが、簡単にできるというのでイモ持ちの作り方を
ピックアップしていきたいと思います。
〇材料は?

『子供5人分』

北海道産のじゃがいもを5個ぐらい。
塩コショウは適量
片栗粉は160g
油(バターでも可)適量
砂糖1醤油1の割合でまぜておく。

〇ジャガイモをゆでる

大人だと皮ごと茹でてもいいのですが、子供だと皮があると嫌がる場合があるので、
皮は向きます。

鍋でゆっくりと茹でて菜箸がすっと通るぐらいの柔らかさになるまで茹でます。

電子レンジでチンしてもOKです。

菜箸がすっと通るぐらい柔らかくなったら、ざるに上げてしっかりと水を切りましょう。
水分が多く残っているとふっくらしたいももちになりにくいです。

〇つぶす&まぜる。

水分がしっかりと飛んだらガシガシっとジャガイモを潰しましょう。
この時ばかりは、ストレスをじゃがいもにぶつけるように潰したら
綺麗につぶれるかもしれませんね。
気持ちもすっきりするかもしれません。

良く潰したら、塩コショウと片栗粉を入れてもう一度よくこねます。
最後はしっかりと潰すような感じで。

餅をつく要領でも構いません。

〇まるめる。

お団子を作る要領でコロコロ丸めて、おやきのように形を形成します。
ハンバーグ型でいいですね。

〇焼く

フライパンに、油か、バターをひき弱火から中火で焦げ目が両面に付くまで焼きます。
うっすらと焦げ目がついたら、醤油と砂糖を混ぜたものを周りからそっとたらしいれて、
まぶすように焼きましょう。

醤油の焼けるいい匂いがしてきたら完成です。

〇アレンジレシピもいろいろできます。

いももちにノリを撒いて磯辺焼き風に。
チーズを丸めているときに入れて、チーズインいももちに。
にんじんを少し加えて、にんじんいももちに。

色々試して楽しんでみてはいかがでしょうか?

 カテゴリ

 タグ