新しい学年が始まると、色々とスポーツをやり始める子供たちも
多いと思います。

うちの子供たちも、まだ保育園児ですが、地元の少年サッカー教室に
入るということになりました。

サッカーって野球よりも道具が少ないから、お金がかからないのだろうと
思っていたのですが、色々と揃えなくてはいけないものがあるようです。

サッカー用のストッキングだったり、レガース(すねあて)だったり、
細かいところでいろいろいるようです。

一番選ぶのに困ったのが、トレーニングシューズでした。

そこで、今回は子供用のトレーニングシューズはどうえらべばいいのか
ということをピックアップしていきたいと思います。
○デザイン重視は時に子どもの足を傷めることになるかも。

どうせ、すぐに足が大きくなるのだから、安くてデザインがかっこよければ
それでいいわと私は思っていました。

しかし、サッカーのコーチが、シューズをまだ持っていない
私たちにおしえてくれました。かっこいいからとか、
かわいいからでシューズを選ばないように。

小さい子供は自分でまだ靴紐を縛れなかったりする子供が多いので、
小さいうちは自分でもちゃんと履けるように、マジックテープで
止めるタイプの物を選ぶようにということでした。

また、靴紐だと、小さい子供はほどけたらほどけたままにする
子供がおおいので、走っている最中に靴紐を踏んで大転倒して、
大けがをすることもあるので、靴紐は禁止ということでした。

確かに、うちの上の子は靴紐は結べますが、
上手に結べているかといえばそうでもないですから。

○ちいさいうちは、少し大きめの物を購入しよう。

サッカーシューズは、足先(つま先)が少し細めに
設計されているようなものが多いようです。

つま先が細いと、ボールコントロールをしやすくなるので、
そういう設計になっているようですが、小さいうちは、
そこまでボールコントロールをうまくできる子は少ないと思うのです。

足先が細くなっていると、足の成長に負担がかかったり、
足のつめなどを負傷しやすくなるので小さいうちは、
足先に余裕がある靴を選ぶといいでしょう。

そうなると、少し大きめのほうが良いような気がします。

はじめのうちは、違和感があるかもしれませんが、靴の中で足が動く場合は
ストッキングを2重にはくなど調節してみるのもいいかもしれませんね。

○練習グラウンドの状態にあったトレーニングシューズを選ぼう。

サッカーシューズの靴底には色々種類があるので、人工芝なのか、土なのか
天然芝なのかで、靴底が変わってきます。

いつも練習しているグラウンドがあればそこの状態を見て靴底を選びましょう。

道具も大事ですが、子供たちにとって、楽しく続けるということが一番大切です。
暖かくなったら元気に走り回ってほしいものです。